PADI ダイブマスター・コース

PADIダイブマスター

プロフェッショナル・ダイバーへの大いなる最初の一歩
それがPADIのダイブマスターコースです。 このコースは、知識やスキルをプロ・レベルまで引き上げるための様々なトレーニングで構成されています。 また、リゾートでダイビングガイドとして活躍したい方にも最低限の必須資格です。
ダイビングライセンス「PADI」
コース受講費用 132,000円(税別)
講習期間 2から3ヶ月間、受講スケジュールによって変わります

コース参加条件

Cカード PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること。 PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
ダイビング歴 ログブックに最小限40回のダイブが完了している事
年齢など 18歳以上、 ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)
過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケア・トレーニング、またはそれに準ずるものを修了していること。

PADIダイブマスターになるとできる事

◆PADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる。

◆PADIインストラクターと一緒にお客様のアシストができる。

◆PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる。

◆PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。

◆認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。

◆PADIディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラムを実施できる。

◆エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施できる。

◆PADIディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプールもしくは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビングを実施できる。


※上記すべては新規及び更新手続きを完了し、保険加入をしていることが条件となります。 ※コース実施の詳細については、必ず担当インストラクターに確認をしてくだ

PADIダイブマスター必要教材(最低限)

◆ダイブマスター・マニュアル
◆ダイブマスタービデオ(DVD)
◆インストラクターマニュアル(紙版orデジタル版)
◆エンサイクロペディア
◆ダイブマスタースレートセット(4枚)
◆ダイブロスター
PADIダイブマスター教材

PADIダイブマスターコース内容

知識開発
・トピック1 「PADIダイブマスターの役割と資質」・・・・・・・すべての水中セッションの前までに 
・トピック2 「認定ダイバーの監督」・・・・・・・・・・・・・・・・・実践評価の前までに 
・トピック3 「生徒ダイバーのアシスト」・・・・・・・・・・・・・・・実践評価の前までに 
・トピック4 「ダイバーの安全とリスク・マネージメント」 
・トピック5 「ダイブマスターが実施できるプログラム」・・・ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップの前までに
・トピック6 「特殊スキルと活動」 
・トピック7 「ダイビングビジネスとキャリア」 
・トピック8 「ダイビング環境への意識」 
・トピック9 「潜水理論の復習」 
*「マニュアル」と「ビデオ」を使って事前学習。自習、プレゼン、ディスカッションの組み合わせで実施 
各トピックのナレッジリビューの答え合わせ。トピック9の後、全ファイナルエグザムを実施の方法もある
 
eラーニングで学習を進めよう!!
ダイブセオリー(潜水理論)オンラインを行なった方は、ダイブマスター・コースで行なうファイナルエグザムの120問中後半60問(パート2の項目)が免除となります(eRecord持参)。ただしダイブセオリー・オンラインを修了して12ヶ月以内にファイナルエグザム実施に限ります。
eラーニング
 水中スキル開発
●水中スキル実習
・実習1 「400m水泳」 
・実習2 「15分間立ち泳ぎ」 
・実習3 「800mスノーケルスイム」 
・実習4 「100m疲労ダイバー曳行」 
・実習5 「器材交換」
●ダイバーレスキュー
・限定もしくは海洋で実施
●ダイブスキル
・ワークショップ 
・24スキルのデモンストレーションレベルへの開発と評価(スキンダイビングスキルも含む)
 
 実践応用
●実践スキル
・スキル1 「ダイビングポイントでのセットアップと管理」 
・スキル2 「水中地図の作成」 
・スキル3 「ブリーフィング」 
・スキル4 「サーチ&リカバリーのシナリオ」(SP資格保有者クレジット可) 
・スキル5 「ディープダイビングのシナリオ」(SP資格保有者クレジット可)
●ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップ
・ワークショップ1 「限定水域でのスクーバ・リビュー」 
・ワークショップ2 「スキン・ダイバー・コースとスノーケリングの監督」 
・ワークショップ3 「限定水域でのディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラム」 
・ワークショップ4 「ディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラムの追加のオープンウォーター・ダイブ」 
・ワークショップ5 「オープンウォーターでのディスカバー・ローカル・ダイビング」
●実践評価 
・実践評価1 「限定水域でのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」 
・実践評価2 「オープンウォーターでのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」 
・実践評価3 「オープンウォーターでの継続教育生徒ダイバー」 
・実践評価4 「オープンウォーターでの認定ダイバー」・・・・・実際の認定ダイバーのみ
●プロフェッショナリズム評価
・実践応用終了までに評価します

ページトップ