1987年創業より安心と安全の
こだわりは本気です

何よりもこの笑顔が見たいから

ココナッツでは一年に数回、PADIの安全基準を遵守した上で独自の安全の為のガイドラインを修正・再確認を行います。スキューバダイビングの海洋トレーニングはもちろんの事、クラスルームも行い安全手順や装備について追加などもこの時に行われます。もちろん、緊急時の管理もこれに含まれます。全スタッフを対象にしてこの研修・トレーニングを行います。 新人はもちろんの事ベテランこそスキル・知識を見直さなくてはなりません。事故は慣れ油断が1番怖いのです!人間は、間違える事が当たり前という事が安全を管理する上での大前提という事からスタートしないと本当の安全管理は出来ないのです。 スキューバダイビングは安全であって初めて楽しいのです!とココナッツは考えます。
安全にダイビングライセンスをとる為に

ダイビングレスキュートレーニングは欠かせません

意識不明のダイバーに対してのレスキューはシリアスな局面なのですが、基本はそこに到る前に未然に予防する事が重要です。お客様のレベルや集合時の様子、ダイビング器材をセットしている様子などからチェックする事も重要です。慣れてくると器材のチェックが疎かになっていたり、間違っている事もあります。そういった事も踏まえてトレーニングを行いました。ココナッツスタッフは海で事故を目撃したら協力する準備があります。
レスキュートレーニング

2020年スタッフトレーニングの様子です

レスキュースキルのアップデートは欠かせません

読み込み中.....

ダイビングライセンス取得コースを安全で楽しく

皆さんが初めて受ける、ダイビングライセンス取得コースに的を絞り行いました。 基本のプール講習を効率よくストレスなく安全に受講して頂くために!また、分かりやすいデモンストレーションのやり方の検証も含めた内容でした。  事前にダイビングライセンス取得コースのプログラムを各自再確認し、今までのそれぞれが培ってきたノウハウを出し合いながら、実際のプール講習にあてはめては検証、この繰り返しでした。 同じことを繰り返すと人間は感覚で、なんとなく行動ができるようになります。しかし、安全管理に慣れはいけません。ベテランインストラクターになれば、なおさらです。だから、キャリア30年以上のスタッフも当然、全員参加して行っています。
安全にダイビングを初めて頂く為に

ダイビングツアーでの安全管理について

ダイビングツアーについては、お客様のレベルや体調、その日の海のコンディションを考慮し、海へ潜る前に行うブリーフィングから検証しました。楽しむ事はもちろん、緊急時にどのような行動・合図を行うのか伝える事も重要です。そういった、事を考えると2度と同じ条件でのダイビングツアーはないことも常に意識し、さらにお客様にはその時の最良の海を楽しんで頂けるようスタッフトレーニングを行います
安全にダイビングを初めて頂く為に

ダイビングインストラクターもステップアップが必要です

新しい知識・技術・道具は常に進化しています。 インストラクターもそれに合わせてスキルアップしていく必要があります。それによってお客様へ新しい楽しみ方を提供出来たり、インストラクター自身も楽しみの幅を広げる事が出来ます。特に、インストラクターコースをアシストできるインストラクターはまさにプロ中のプロ!ココナッツにそんなスタッフがたくさんいるのです。
安全にダイビングを初めて頂く為に

毎年様々なテーマでトレーニングを行っています

今まで色々なことを行ってきました。普通に各種ダイビングスクールのやり方をベテランインストラクターにお手本を見せてもらったり、海での様々なトラブル対処方法や車のタイヤ交換・パンク修理・チェーンの巻き方、車の運転などおおよそ、ダイビングツアーに必要と思われるものから、突発的なトラブル、30年以上のココナッツで培ってきたインシデントレポートを元に行ってきました。そして、これからも継続していきます。 画像左上は、ダイバーをボートへ引き上げるところです。右下は脱力したダイバーのドライスーツを脱がしているところで、最終的にはハサミが一番効率がよかったです。
ダイビング研修の様子

クラブハウスも安心して、ご利用ください!防火対象物点検特例認定

 ココナッツの西伊豆のクラブハウスがこの度、令和2年9月23日に「防火対象物 点検特例認定」されました。 簡単に言うと、この建物は防火上優良な管理をしているという事の証明です。修学旅行生が宿泊するホテルなどは認定されているかどうかで選ばれることもあるそうです。 認定される条件は以下の通りです。
  • 申請者が当該防火対象物の管理を開始した時から三年が経過していること。
  • 過去3年間に消防法に基づく命令がされたことが無く、現にその理由が無いこと。
  • 過去3年間に特例の取り消しを受けたことが無く、現にその理由が無いこと。
  • 過去3年間点検及び報告を適切に実施しており虚偽の報告が無いこと。
  • 過去3年間点検基準に適合していない箇所が無いこと
  • 安全にダイビングを楽しんでいただくために

    ページトップ