ダイビングライセンスの種類・指導団体

ダイビングライセンス指導団体

 ダイビングライセンスを取ろうと思っていろいろ調べてみると、結構いろんな種類があるのに気が付きませんか?

ダイビングを始めるには、じつは民間の会社や団体が作ったコースを受講して一定の基準を満たした時にダイバーとして認定(Certification)されます。

この頭文字をとってCカードと呼ばれているのが、いわゆるダイビングライセンスと言われているものです。

 

 

 日本国内だけでも、15以上のこのような指導団体が存在しています。どこでも同じような感じがしますが、実際のところ海外に行ったときに、ダイビングすることが出来なかったなんて事があるのです。

おススメはココナッツが所属しているPADI、NAUI、SSIという指導団体ではないでしょうか!これらの指導団体は、海外に拠点があり、ほとんどの国で通用します。

 

この中ではPADIは、世界180か国に13万5千人以上のPADIのプロフェッショナルメンバーが存在し、5800以上のダイブセンター/リゾートショップからなる世界最大のスクーバダイビングの教育機関なのです。国連加盟国がやく190か国ということですから、この数はすごい数ですね!

 

 どこに行っても同じカリキュラムで講習を行っていますので、何かの都合でコース途中でやめてしまっても、途中からほかの地域やダイブセンターで続きを受講することも可能なのです。

世界でも、日本でも、すべてのダイバーの6割以上がPADIでダイビングを始めているのです。世界中の人々から高い信頼を受けている証です。

 

 

だから、ココナッツはPADIのカリキュラムなのです。そのPADIから、ココナッツは全国最優秀賞をはじめ数々の賞を毎年受賞しています。

世界が認めた信頼のPADIのコースを、PADIが認めたココナッツで始めませんか!


ページトップ

Copyright(c) 2016 ダイビングスクール【ココナッツ】 All Rights Reserved.