視力が悪いのですが、どうしたら良いですか

ダイビングと視力 コンタクト

視力が悪くてもダイビングはできます。

せっかく海の中へ遊びに行くのですから、はっきり水中世界を見れたほうがいいですよね!度付きの水中マスクを使えば大丈夫です。

 

そこで、よくある質問の「コンタクトレンズの使用」と「水中では物が大きく見えるから大丈夫!!説」の2点がよく話題に上がります。

まずはコンタクトレンズの使用に関して、コンタクトレンズを実際に使用しているダイバーは確かにいらっしゃいます。

ですが、まずコンタクトレンズのメーカーの見解はNOなんですよ! 「コンタクトで水泳」などをする事は製造販売元は認めていません。コンタクトメーカーホームページや取り扱い注意事項を一度ご覧ください。

 ダイビング中に水中マスクに水が入るとコンタクトレンズは流されやすく、レンズ自体が水を吸うので消毒液(塩素)や雑菌の影響を受けて目が炎症することが考えられます。

自分でリスクを負う覚悟が必要です。ココナッツではそれがわかっているのでコンタクトの使用はお勧めできません。

個人やそのインストラクターのお考えもありますが、製造メーカーがNOと言っているのに良いはずはありません。

 水中マスクの中の入ってきた水を出すスキルをマスククリアーといいます。

ココナッツでは、水中マスクに水が入ってきても落ち着いて何処の海でも、ダイビングを楽しめるようにマスククリアーの練習を沢山します。

眼科のドクターのお客様もココナッツにはいらっしゃいますが、普段はコンタクトを使い、ダイビングの時は度付きの水中マスクを使用しています。

 

 「水中ではものが大きく見えるから大丈夫」説

これも結構勘違いされている視力の悪くない先輩ダイバーからのアドバイス!このように思っている方は沢山います。確かに水中では物体が約1.3倍大きく見え近くに見えます。

近くの時計などはそれでも良いと思いますけどね。

想像してください。10センチ位の大きさの小さな魚は13センチに見えるだけなのです。 近くならそれで良いのですが、2、3メートル離れたら結局のところ10センチも13センチも変わりません、見えないのです。

ダイビングでは遠目に、ウミガメやイルカなど見えることもよくあることですよ!そういったチャンスも逃さないように!またお客様の安全を第一に考えると、ダイビングを続けていくためにも必要だとココナッツは考えます。


ページトップ

Copyright(c) 2016 ダイビングスクール【ココナッツ】 All Rights Reserved.