ドライスーツって何ですか?

ドライスーツ

ダイビングでは、体温の損失を防ぐために保護スーツというものを着用します。

大きく分けるとウェットスーツとドライスーツに分けられます。共にネオプレーンと呼ばれる発砲ゴムによって作られている物が一般的です。ウェットスーツはその名の通りスーツと体の間に水の層が作られそれをいったん体温で温め発砲ゴムとで保温する仕組みです。

 

ドライスーツは水の代わりに空気の層をスーツと体の間に作ります。

 空気は今でも優れた断熱材であることは皆さんご存知ですね。ダウンウェアーや羽毛布団、フリースなどは空気の層を利用しています。ドライスーツでは中に洋服を着用することでこの空気の層を作り優れた断熱効果によって快適なダイビングを楽しめるのです。洋服の厚さなどを調整すると、沖縄から北海道の流氷ダイビングまで幅広く対応する、まさにマルチなアイテムなんですね。

実際、沖縄では早い人は10月から4月の中旬くらいまでドライスーツを着用しているいます。中には一年中ドライスーツでダイビングしている人もいるくらいです。

 

難しくない? ドライスーツはその構造上なかに空気を入れながらダイビングをして、浮上中にその空気を抜く必要があります。最初のダイビングライセンス取得講習でBCDの空気の出し入れや中性浮力の連取をしたと思いますが、その程度だと思って下さい。逆にドライスーツもある程度の浮力調整ができますからBCDに何かしらのトラブルがあっても安心です。

 

手入れは? ドライスーツはダイビングの後に、シャワーで流して、ファスナーにワックスを塗る程度です。ワックスは、ほんの1分程度でかけられます。ウェットスーツは体に直接触れるので実は、外側より内側のほうが日焼け止めや皮脂などによって汚れるためそれを洗浄しなければなりません。表も裏も洗う必要があります。

 

保管は? これについてはウェットスーツに軍配が上がります。少し大きいので場所が必要です。

いろいろ比較するところはありますが、いつでもどこでも快適にダイビングができるスーツはドライスーツがおすすめです。

レンタルすることも可能です!


ページトップ

Copyright(c) 2016 ダイビングスクール【ココナッツ】 All Rights Reserved.