ココナッツ石垣島店

アドバンスコース/ステップアップコース

アドバンスコース

PADIアドバンスコース専門店

石垣店のアドバンスコースなら、
PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

最短1日で取得可能!(スペシャルティを2つお持ちの方であれば)
当日からコースにエントリー可能!
 すべてボートで実施!

いますぐ、簡単にスキルアップ・ランクアップが可能です!

石垣島店のアドバンスコースの特徴

1ダイブごとに受講ができる

通常、アドバンスコースは2日間で5ダイブを潜る必要があるのですが、パラダイス倶楽部のアドバンスコースは1ダイブごとに受講することができるシステムを採用しています。いつでも簡単にコースを開始することができます。
  • どういう感じか、試しで受講してみたい
  • 日程が足りないけど 途中まで進めたい
  • スペシャルティを持っているから お得に取得したい といった様々なスタイルに対応可能です
  • 最短1日で取得できる

    オープン・ウォーター・ライセンス取得後、すでにスペシャルティコースやその他トレーニングダイブを受講されている方はそれをクレジットすることができます。例えばPADIの中性浮力スペシャルティとPADIドライスーツスペシャリティをお持ちの方は、すでに2回のトーレーニングを受講したとカウントできるので、残り3回のトレーニングダイブを1日で行うことによって、PADIアドバンスド・オープン・ウォーターダイバーの認定を取得できます。
    ※PADIの基準でトレーニングダイブは1日3回までと規定されています。

    次のダイブからすぐに始められる

    トレーニングダイブはいつでも始めることができます。例えばファンダイビングの2本目からアドバンスコースのトレーニングダイブを開始することだって可能。予定の日程内に全てのトレーニングダイブが修了しなくても、終えた分のトレーニングダイブの料金だけしかかかりません。残りは別日程で行い、PADIアドバンスド・オープン・ウォーターダイバーの認定を受けることができます。
    アドバンスコース料金総額 ¥66,408-税別
    アドバンスコース受講料 ¥48,000
    教材代 ¥6,228
    申請料 ¥5,180
    シグナルフロート ¥4,000
    デジカメレンタル代(お持ちの場合除く) ¥3,000

    料金に含まれるもの

    • ダイビングライセンス取得までの全指導料
    • ダイビング保険
    • ボート代
    • ランチ代

    料金に含まれないもの

    • フルレンタル¥4,000/1日
    • 軽器材レンタル代
    • 重器材レンタル代
    • ダイブコンピューター¥1,000/1日

    1ダイブずつ別で受講される場合

    講習料 1トレーニングダイブ・・・10,000円(税別)
    ※PADIアドバンスド・オープン・ウォーターダイバー認定には5回のトレーニングダイブが必要です。
    含まれているもの 講習料・ダイビング保険・ボート代・ランチ代
    含まれていないもの
    • フルレンタル 1日¥4,000(税抜き)
    • ダイブコンピューター 1日¥1,000(税抜き)
    • アドバンスマニュアル(お持ちでなければ)¥6,228(税抜き)
    • ライセンス申請料¥5,180(税抜き)
    • デジカメレンタル代(お持ちでなければ)¥3,000(税抜き)
    • シグナルフロート(お持ちでなければ)¥4,000(税抜き)

    トレーニングダイブとしてクレジットできる要件

    以前に受講したトレーニングダイブをPADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー認定にクレジットするためには、以下の物をご提示していただく必要がございます。
  • PADIスペシャルティコースのCカード
  • PADIインストラクターのサイン入りのPADIアドベンチャーインダイビングプログラム・トレーニングレコード
  • 1日でPADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー認定を受けるにはスペシャルティを2つ以上持っている もしくはPADIアドベンチャー・ダイバー認定を受けている必要があります。

    アドバンスコース参加前条件

    ライセンス PADIオープン・ウォーター・ダイバー以上 、または同等の他団体Cカード
    年齢 PADIアドバンスド・オープンウォーターダイバーは12歳以上(15歳になるまではジュニアランクになります)
    PADIアドベンチャーダイバーは10歳以上
    ※アドベンチャー・ダイブによって年齢制限が異なるので、事前に当店へお問い合わせください。
    ダイビング/健康状態 55歳未満の方
  • 「PADI病歴診断書」の質問項目がすべて「NO」の方
  • 「PADI病歴診断書」の質問項目に「Yes」があるが、医師の診断書受け、スクーバ・ダイビングに支障のない健康状態であると判断され、その旨の所見と署名もらうことができる方
  • 55歳以上の方
  • 「PADI病歴診断書」の質問項目の回答に関わらず、医師の診断を受け、スクーバ・ダイビングに支障のない健康状態であると判断され、その旨の所見と署名をもらうことができる方
  • アドバンスコース内容

    ディープダイビングとナビゲーションダイブの2種類のトレーニングダイブは「必須のトレーニングダイブ」となります。その他3種類のトレーニングダイブを修了すればPADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーとして認定されます その他3種類は選択式となっておりますが、場所により開催できる物と、できない物がありますので 石垣店のアドバンスコースでは、「中性浮力(PPB)」「ボートダイビング」「デジカメ撮影を学ぶアンダーウォーターイメージング」 をオススメしております。 

    PPB(中性浮力)

    サンゴの海で泳いだりデリケートな水中世界を傷つけないで楽しむための必須テクニック!ゲーム感覚でチャレンジしてみよう!パラダイス倶楽部のアドバンスコース最初の課題です。

    ボートダイビング

    リゾート地ではボートダイビング が主流です。ボートの種類とスタイルに応じた楽チンエントリー&エキジットさらには快適に過ごす方法と必要スキルと器材、ルールやマナーも学びます。

    アンダーウォーター・イメージング

    今や誰でも気軽に水中撮影が楽しめるようになりました。基本的なカメラの取り扱いやメンテナンス、撮影方法などを学びます
    アドバンスマニュアル

    PADIアドバンス教材

    PADIアドバンスド・オープンウォーター・マニュアル
    今までのマニュアルにはなかった「Thinking Like a Diver(熟練したダイバーの視点で物事を考える)」という知識開発セクションも設けられ、オープン・ウォーター・ダイバー・コースからの一貫した安全への配慮と考えるダイバー作りを実践できるようデザインされています。マニュアルには、13種類のアドベンチャー・ダイブが実施できるように情報が掲載されています。

    アドバンスコース当日のご準備

    お迎え&集合時間の確認 当日の時間は前日の夕方に決定いたします。 夕方5時から7時ぐらいまでの間に、こちらからお電話にてご連絡させて頂きます ご予約の確認と当日のご準備など最終的な確認をさせていただきます。
    お持ち物
  • タオル
  • 水着(予めお洋服の下に着用しておいてください。)
  • 着替え(下着類)
  • サンダル
  • お持ちの器材
  • アドバンスマニュアルと付属のマルチパーパスデータキャリア
  • 酔い止め薬(朝食のタイミングでご服用ください。)
  • 日焼け止め
  • 季節に合わせた装備(防止・サングラス・防寒着など)v
  • ご精算に必要なもの
  • アドバンスコースこんなご心配無用です

    Q1.PADIではないライセンスをを持っていますが、コースに参加できますか?
    A1.はい。大丈夫です。PADI以外でもPADIオープン・ウォーター・ダイバーと同等資格であればご参加頂けます。ただし、指導団体によってライセンスの呼称がまちまちでどのレベルのCカードかは調べないとわからない場合があります。たいてい4回以上のの海洋自習が行われているかどうかで判断できますが、中にはPADIスクーバ・ダイバーのように2回のみでのCカード認定のものもあります。その場合まずPADIオープン・ウォーター・ダイバーもしくはそれと同等資格になるためのトレーニングが必要になります。もし、ご自身のお持ちのCカードかどうか判断できない場合には当店へお気軽にお問い合わせください。

    Q2. ライセンス取得コース以来、全くダイビングしていません。または前回のダイビングからかなりのブランクがありますが大丈夫でしょうか?
    A2.はい。大丈夫です。かえってライセンス取得後すぐ、またはブランクがある方こそ、アドバンスコースを受けるべきです。アドバンスコースはライセンス取得コースをベースとして更にスキルをブラッシュアップしたり、復習の内容も含まれています。インストラクターはまずあなたのスキルレベルを判断してからコースをスケジュールしますので安心してご参加ください。また不安なことがあれば気兼ねなく担当インストラクターへお伝えください。

    Q3.自分の器材を持ち込んでもいいですか?
    A3.はい。大丈夫です。ご自分で所有されている使い慣れた物があればぜひご持参ください。その分レンタル代も安くなります。器材を使いこなすこともダイビングでは重要な要素です。また器材の購入をご検討の方はコース中に担当インストラクターへお気軽に相談ください。

    Q4.一緒に参加する人がすでにアドバンスのライセンスを持っている、またはスノーケリングまたは体験ダイビングなど違ったメニューを希望しています。その場合はボートは別になってしまいますか?
    A4.いいえ。一緒のボートで参加することができます。講習では基本的に当社所有のボートを利用します。
ボートにはファンダイビングの方や体験ダイビングの方などさまざまなレベルの方が同乗し同じポイントで楽しんでいます。
ダイビングの方は沖合へ、体験ダイビングの方は島側の浅瀬でなど、皆さんそれぞれのコースに合わせて楽しむことができます。

    Q5.船酔いが心配です。
    A8.船酔いしてしまうと、せっかくのきれいな海もあまり楽しくなくなってしまいますね。しかし事前にしっかり対策をすれば大丈夫です。
多くの方が酔い止め薬の「アネロン」が効くとおっしゃいます
朝食は軽く、油ものは控えて 早めに服用してください

    ページトップ