耳抜き(圧平衡)についてパート2

耳抜き圧平衡

ダイビングの初心者コース中終了時などに伺うのが音がこもっているように聞こえるという相談です。

 初めての経験で心配になってしまう方も結構いらっしゃいますが、大抵の場合は痛みがなければ軽い中耳炎です。ほっといても、長くて10日前後でこのような症状がなくなるのが普通です。もちろんドクターに相談できればベスト、抗生物質など処方されて早く改善すると思います。

このような方は圧平衡ができないのではなく、タイミングが少し悪いだけなのです。マスクが合っていなくて鼻がつまみにくい場合、体調が悪かった場合なども考えられます。中には練習が必要な方もいらっしゃいますが大抵の場合は解決できます。ちょっと苦手だなぁと思う方は少なくとも海へいく1週間くらい前から練習を開始すると良い結果が得られます。

 ココナッツでは専門学校のダイビングの授業を担当させて頂いております。私は1クラス(40人前後)の学科を担当する時に耳抜きの練習をしております。4クラス中、私が担当したクラスは耳抜きによるトラブルがほぼありません。毎年私が学科を担当するクラスは同様に上手くいっていることから考えると、ダイビング前の練習で耳へのトラブルを防ぐ事が可能だと思っています。


実際に潜降するときのポイントは!

ダイビング耳抜きのポイントは

それではポイントを紹介しましょう!

まずダイビングライセンス取得講習・・・浅いところで練習する時にもベテランインストラクターはちゃんと耳抜きを教えています。痛くないからといってここで何もしないと実は、ゆっくりと炎症が進んでいるのです。そのあとで、さぁこれから深場へ行きますので耳抜きのやり方はこうやりますっていう講習だと上手くできなくて当然だと私は思います。

そんな講習を受けても、少し耳の調子が悪い程度の方なら、この後のダイビングは心配ご無用だと思います。


ご心配な方は、水深5メートル位まで50センチ潜る毎にやってみては如何でしょうか?特に大切な事は、潜降直後最初の50センチが勝負です!その時、ロープなど何かつかまるものを使用しましょう。

ちなみに、浮上するときは何もする必要はありませんからね。もし、浮上中に耳の痛みを感じたらすぐに浮上をストップして、痛みのない深さまで潜降します。少し待ってからよりゆっくりとした速度で少しずつ浮上してみましょう。