BCDレギュレーター、シリンダー(タンク)への取付方

セッティングの仕方

ココナッツのYouTubeで最も再生回数が多いのが重器材のセッティングです。

いわゆる、シリンダー(タンク)とレギュレーターの取付方ですね。

 

海外ツアーでは、器材のセッティングまですべてやってくるところもありすが、最初のダイビングライセンス取得コースでもカリキュラムの一つとして存在します。

だから本来は、できて当たり前なんですが、お持ちでない方は普段手元にないので見ることも触ることもできないので忘れてしまう方も多いのが現状です。

シンダーをBCDに取り付けるバックルも2種類あったり、シリンダーに引っ掛けるバンドが付いているBCDもあればついていないタイプもあります。

似たようなものついていても、実は取り付けると、BCDの寿命を縮めてしまう場合もあります。

ただ、取扱説明書にはそこまでは書いてありません。だからダイビング用品は対面版売にて購入をして、インストラクターから教えてもらってから使いましょうね!

ご自分でお持ちの方も、お買い上げショップで確認しておくといいですよ!

バックアップ空気源も右から左から、またBCDのインフレーターと一体式のものまで様々ですね。

ここでは、一般的な器材のセッティング方法をご紹介します。


今回、セッティングに使用しているシリンダーはアルミ製、BCDはシリンダーの頭にベルトをかけないタイプ、バックアップ空気源は左からの組合せです。

また、シリンダーとBCDの高さは一般的なものです。ご自分の体格やBCDの形状やバランスをみて上下に調整する必要があります。

 

これは実際に海に行かないと分かりませんので、購入店のダイビングインストラクターと一緒に海へ行きましょうね!快適なダイビングの第一歩です。


ページトップ

Copyright(c) 2016 ダイビングスクール【ココナッツ】 All Rights Reserved.