ウェットスーツのお手入れ方法

ウェットスーツのお手入れ

ダイビング器材の中でも一番汚れるのは何でしょう?

実はウェットスーツやブーツなのです!

だからダイビングサービスの中にはその事ををわかっていて洗い場でレギュレーターとマスク、フィンなどと水槽を分けて用意しているところもあります。表は海水や巻きあてた砂やコケ、裏は汗や皮脂、日焼け止めなどの汚れがついています。

ダイビングの後に現地ですぐに洗うことが出来なかった時は、ご家庭で水を貯めて器材を洗う時ウェットスーツやブーツを一番最後しましょう。いきなり水が汚れてしまいます。

自分のものならしっかりとメンテナンスして綺麗にしてあげたいですね。ちなみにレンタルのダイビングスーツは、水でさっと流すだけで返却されます。極端に言うと海に入った洋服を水をためている水槽でザブザブして、そのまま乾かして、それを次の方が着用する。自分のウェットスーツ欲しくなりませんか!レンタルのウェットスーツの劣化はとっても早いのです。生地はどんどん固くなるし、着心地もザラザラとしてきます。

 

それでは、早速基本からいってみましょう。

水中で汚れに気づいたら、海から上がる前に水中で優しくこすってみましょう!

意外とその場で汚れは取れますよ!そして使用後、出来るだけ早く水洗いをしましょう。濡れたまま持ち帰る場合は、運搬中の温度にも気を使いましょう。濡れたまま高温になるとスーツの色落ちが加速してしまいます。

 ファスナーが付いているタイプは水をかけながら動かしましょう。その後、直射日光の当たらない風通しの良い場所を選んで裏から乾かします。しっかり乾かさないと悪臭やカビの原因になってしまいます。裏も表も乾いたらシワにならないように専用のハンガーや厚みのある物を使って日光を避けて保管しましょう。

日に当たると色落ちが早くなってしまいます。場合によっては一部だけ変色してしまいます。保管時ファスナーは全開から少し戻す、もしくは全閉から少し開けた状態が良いです。塩が残っていた場合、潮かみの影響を少なくできます。ブーツのファスナーも一緒です。

たまにファスナー部分に専用のワックスを塗っておくと完璧ですね。

オススメのメンテナンス洗剤 ウェットスーツの耐久性が格段に変わります。

アロマウェットシャンプー

 オススメのウェットスーツシャンプー「ジェラルド アロマウェット」一見、通常の洗剤にも見えますね!

洗剤と柔軟剤の機能が一つなった環境に優しい成分を使用したウェットスーツ専用に開発された商品です。

使い方はとっても簡単、一回の洗濯作業にすすぎも一回で終了です。(できれば、軽く水洗いができると良いですね)

たったこれだけで抗菌・消臭に柔軟効果を実感できます。回数を重ねるごとにその効果をより感じることができます。

あの生乾き臭が本当に無くなるのです。

紹介する前に私が試しました。それもちょっと手強いやつで2年間、ほぼ毎週、使い続けたダイビング用フード(私は夏でも着用します)

ダイビング終了後は、水洗いしかしていない私のフードは、乾くとあまり臭わないのですが、海で使ったあとは生乾き臭がします。そこでこの製品を試してみました!

 流石に2年間の臭いは1セット行っただけでは完全には消えませんでした。しかし、柔軟効果は最初から実感することができたのです。一度乾燥させてフードをかぶった時の感じが新品の時のように、フンワリしているのには感動しました! これならと思い、2セット目に突入、臭いも本当に消えました、しかも海で使った後もこの効果はしばらく続いたのでした。特に裏起毛タイプのウェットスーツはこれ使うといいですよー!まるで新品のような感じがしました。ちょと言い過ぎかもしれませんね!

ソフトバスケットを使えばこれ1本で約20回ほど洗濯が可能です。お値段2400円なので一回120円くらいですね。

毎回やる方が良いと思いますが、2回に一回位の使用でもその効果は十分に体感できると思います。

ウェットシーズン終わりに一気に綺麗にしてあげるより、こまめな洗浄が快適に長く使うコツですよ。

柔軟剤の効果は、ウェットスーツの劣化防止になりますから色落ちなども少し防げると思います。ゴム臭が苦手な方にもオススメです!

さらに、滑らかな肌さわりになりますので、今までよりもスムースに着用できると思います。

使い方はとっても簡単です。

10リットル水に20mlの洗剤を入れて、よくもみ洗いをします。汚れや臭いがヒドイと思ったら20分ほどつけ込みます。その後汚れた水を流して、新しく同量の水で軽くすすいで終了です。とっても簡単ですね!これもオススメの理由の一つです。

私(古川)が本当にオススメする一品です。なんてたって、私が使って感動しましたから!